食事はバランスが大切

食事はバランスよく摂ることが何より大切です。
野菜や豆類、海藻が身体にいいのはご存知でしょうが、一つの食品群だけ食べていてもダメなのです。 人間が食事をする理由は、カロリーの補給だけではなく、筋肉をつくる、体調を整える、健康維持などの役割もあります。

例えばスナック菓子を食べるだけでも1日分のカロリーは満たせるでしょうが、ニキビ、吹き出物、口内炎、肥満などのリスクを高めてしまうでしょう。
また、肉ばかり食べていてご飯を食べないのもいけないのです。 炭水化物が不足してしまうので、脳に栄養が供給されなくなり、頭の回転が悪くなってしまうでしょう。
野菜は健康によい食材ですが、野菜しか食べないとどうなるでしょうか? 空腹で勉強や仕事に専念できなくなってしまうでしょう。 野菜はダイエットには最適な食材ではありますが、カロリーが低すぎるので1日分のカロリー補給のためには適さないのです。

脂肪は悪いものとされる場合が多いですが、これも人間の身体に欠かせません。 肌がカサカサの方は、脂肪が足りていない可能性があるのです。 乾燥肌を招いてしまいますし、皮脂が不足することで肌のバリア機能も低下していくでしょう。 バリア機能を維持するためには皮脂が欠かせないので、最低限の皮脂は摂るべきなのです。

人間の身体を構成する栄養素であるたんぱく質は、肉、魚、豆、卵などに多く含まれています。 たんぱく質は肉を作る栄養素であり、不足するとターンオーバーが正常に行われなくなるので注意してください。 髪の毛が薄くなってきたと感じたら、たんぱく質を多めに摂る必要があるでしょう。
皮膚だけでなく、髪の毛の構成成分でもありますので、食生活のバランスが崩れてたんぱく質が不足することがないようにしてください。

食事のバランスを保つためには、食事回数も考慮しなければいけません。 1日1食、1日2食、1日3食では、最も健康によいのは3食になるのです。
2食にすれば肥満防止になるので、メタボリックシンドローム対策としても役立つと思うでしょうが、2食にするメリットは実は何もないのです。 2食にすることで空腹を感じてしまい、余計にカロリーを摂ってしまう状態になりかねません。
朝食を抜いている方は、昼食を通常の人よりもたくさん食べる傾向があります。 また昼食を抜いている方は、夕食のカロリーが増えてしまうため、非常に太りやすくなるでしょう。 同様に1食の場合も健康、美容にとって悪いので、1日3食を基本としてください。

ここまでの説明で食事のバランスをとるということが様々な要因で成り立っていることがわかると思います。どうしてもお肉の食事が多くなってしまうという人は、バランスをとるために青汁の力を借りたりするのが良いことだと思います。巷には青汁のランキングサイトというものもあるのでそういった情報媒体をうまく活用して自身の健康管理に役立てましょう。